砥鹿神社 奧宮(とがじんじゃ おくみや)

砥鹿神社 奧宮(とがじんじゃ おくみや)

砥鹿神社(とがじんじゃ)は、愛知県豊川市にある神社で三河国一宮です。
一宮(いちのみや)とは、ある地域の中で最も社格の高いとされる神社のことで三河国一宮とは、三河国で一番社格の高いとされる神社ということです。本宮山(豊川市・岡崎市・新城市の境、海抜789メートル)の山頂に奥宮があります。
徒歩で登る人も多く、いいハイキングコースのようですが、今回はクルマで行ってきました。
本宮山スカイラインを走ると山の頂上付近に電波のアンテナ(豊橋デジタルテレビ・FM中継局)が見えてきますので、そのすぐそばに駐車場があります。そこにクルマを停めて砥鹿神社奧宮まで歩きました。本宮山スカイラインの駐車場から砥鹿神社奧宮まで、さらに道ができていて入口の鳥居の所までクルマで行けるようになっているので、歩くのが嫌な人はクルマで鳥居の前まで行くことをお薦めします。入口の鳥居からさらに歩くと途中三河の平野が見渡せる所もあります。社は小さいですが、神主さんもいてお守りなども買うことができます。一生に一度願い事を叶えてくれるという噂があるので興味がある方は行ってみてはいかがでしょうか。
※注意、冬に行く場合、タイヤチェーンが必要なことがありますので、タイヤチェンを持たずに冬に行くのはやめたほうが無難かもしれません。

 

浜松市の整体
浜松市のカイロプラクティック

整体
カイロプラクティック

関連記事

PAGE TOP