奥山線(廃線)亀山トンネル

奥山線(廃線)亀山トンネル

奥山線とは大正3年から昭和39年まで静岡県浜松市で走っていた鉄道です。
現在でも、当時をしのばせる痕跡が残っていて、その中でもお勧めなのが「亀山トンネル」です。
奥山線は、現在の遠州病院辺りから奥山まで走っていたそうです。車両は小さく、豊橋の路面電車程度の大きさの物だったようで、「亀山トンネル」も小さく狭いトンネルになっていて、どのくらい小さかったかが想像できます。昔はSL(蒸気機関車)の時代もあったようで、トンネルの入り口や中には当時のSL(蒸気機関車)や電車の写真が飾られています。トンネルはレンガ造りで雰囲気あります。

鉄道が好きな人なら一度は行ったことがあると思いますが、鉄道に興味が無い人でも昔の浜松を知る良い場所だと思います。トンネル入り口の横にクルマを3台くらい駐車できるスペースがあるのでクルマで行っても大丈夫でした。皆さんも興味があれば一度脚を伸ばしてみてはいかがでしょうか?

 

浜松市の整体
浜松市のカイロプラクティック

整体
カイロプラクティック

関連記事

PAGE TOP