粟ヶ岳(あわがたけ)

粟ヶ岳(あわがたけ)

静岡県掛川市と島田市に跨る標高532mの山で、山の頂上付近の斜面にはヒノキで「茶」の文字が木で書かれています。島田方面や牧之原台地など、遠くからも「茶」の文字は見ることができます。
山頂には、展望台とカフェがあり、天気の良い日には静岡空港・大井川・太平洋が広く見渡せます。山頂には阿波々神社(あわわじんじゃ)があり遠州七不思議の1つ無間の鐘の伝承があります。また、大きな岩の並ぶ「磐座(いわくら)」があり、磐座の所に「地獄穴」とう小さな穴があり、遠州七不思議の「無間の鐘」を突いた者たちが地獄に落ちたといわれる伝説の穴だそうです(小さい穴です)!阿波々神社(あわわじんじゃ)のおみくじっを売っている横に遠州七不思議の本の見本が置いてあり、ちょっと見てみたのですが「七不思議」と言いながら七つ以上不思議が書かれていて、本もそれなりに厚かったです(これも遠州の七不思議かぁ!?)。

クルマで山頂まで行く人は注意が必要かも!

徒歩で登山する人は、「東山いっぷく処」から登る人が多いようですが、クルマで行く人は「東山いっぷく処」から先は注意が必要です。私が行った時は祝日で警備員がいたので良かったのですが、平日は分かりませんので心配な方は、観光協会に問い合わせてみて下さい。「東山いっぷく処」より先は、クルマがすれ違うことができない道になります。慣れた人であれば、対向車をやり過ごす場所などを心得ているので大丈夫だと思いますが、慣れてない人にとっては恐怖です。運よく警備員がいて、片側交互通行みたいに時間を区切って上りと下りを分けて通していたので助かりましたが、警備員がいない状況だったら自分ならクルマで登るのを諦めます。それと、クルマを改造して車高を落としている人も辞めておいた方がいいと思います。

天気がいい日は最高!

天気が良ければ、カフェでお茶を飲みながら、遠くまで綺麗な景色を見渡せるとても良いデートスポットになりますので、興味のある方は一度訪れてみるのもいいのではないでしょうか!

浜松市の整体
浜松市のカイロプラクティック

整体
カイロプラクティック

関連記事

PAGE TOP