4-悪い姿勢を改善する(姿勢を治す「カイロプラクティック」「整体」の姿勢矯正)

ぎっくり腰って何?

ぎっくり腰とは?その「症状」について。

ぎっくり腰とは、突然腰が痛くなる腰痛(急性腰痛)俗称です。
病院では「症状を指している言葉」で、病院では「腰椎捻挫」とか「筋・筋膜性腰痛症」などと診断されます。
その症状として、「突然の激痛で動けなくなる」が、ぎっくり腰の症状です。
一般的に痛みが強く、立ち上がることもできないほどの激痛の場合もあります。

 

 

ぎっくり腰の原因は?

1.仙腸関節の損傷(捻挫)

仙腸関節とは、骨盤の仙骨と腸骨の間の関節のことを言います。この場合は、一般的に云うところの腰というより臀部(尻えくぼのあたり)に痛みがでます。
また、仙腸関節の損傷は骨盤の上方の筋肉 (専門的には脊柱起立筋、腰方形筋などの筋肉になります)を緊張させて痛みを出させたり、太もも後ろ側やふくらはぎに痛み(専門的には関連痛と呼ばれます)やしびれを出させることもあります。

2.腰椎の損傷

腰椎(背骨の腰にあたる部分)、の損傷した部位の痛みと、その周辺に広がるように痛みが出ます。
また背骨の両側の筋肉(脊柱起立筋や回旋筋などです)を 緊張させてたり、下肢に痛み(専門的には関連痛の場合と根性痛の両方があります)を出させたりします。

3.背筋や筋膜(筋を包んでいる線維性の膜)の損傷

損傷した筋肉や筋膜が痛みます。損傷に至る原因としては、筋肉や筋膜の疲労や血行不良、日常生活の同じ動作の繰り返しによる筋肉や筋膜への持続的な負担、などがあります。

 

 

 

ぎっくり腰になったばかりは安静にすることが大切です。

症状によっては、病院の検査が必要な場合があります。

整体カイロプラクティックなどの骨格の歪みを改善する治療は、ぎっくり腰の症状を早く治すのに有効です。

ある程度痛みが和らいできたら、安静にしている間に硬くなった筋肉をストレッチすることにより、腰の機能改善を早めるのに役立ちます。

筋肉を鍛えることによって、腰の強化を行い再発を防止します。

姿勢をバランスのとれた状態に改善することにより、ぎっくり腰の再発を予防できます。

 

 

 

.

PAGE TOP