脊椎・骨盤矯正とカイロプラクティック・整体

http://chiro1.hamamatu.org/afaffafafsafa/ “> 整体院 .
骨盤 .
側湾症 .

カイロプラクティック

カイロプラクティック(背骨矯正療法)は、1895年米国の「D.D.パーマー 」によって発明された治療法。

カイロプラクティックの呼称は、ギリシャ語で「カイロ」は「手」、「プラクティック」は「技術」を意味する新しく作られた言葉。

世界保健機関(WHO)では補完代替医療として位置づけている。

発明国の米国や、オーストラリア、ヨーロッパ諸国などの一部の国(およそ40か国)において、おもに背骨の障害を取り扱う筋肉、骨格ヘルスケアの専門職として法制化されている。

世界保健機関(WHO)の定義は「筋肉、骨格の障害とそれが及ぼす健康への影響を診断・治療・予防をする専門職であります。

治療は、手による背骨矯正もしくは背骨マニピュレーションを特徴とし、背骨のわずかの歪みに注目している」。

ただしカイロプラクティック 「Chiropractic」 の定義は、様々な団体や学校によって異なる時も多いようです。

中には痛み症状要因が脊椎などの椎骨の構造的、機能的な歪み(サブラクセーション)だと考え、そしてその亜脱臼(サブラクセーション)手技や器具により調整することで苦痛治すことカイロプラクティック Chiropractic だと考えている方がいます。

米国カイロプラクティック協会(en:American Chiropractic Association)が定める「カイロプラクティック」 (Chiropractic) とは筋肉骨格系と神経系の疾患に特化した施術法と定められている。

カイロプラクターは、外科的手術はすることなしに、独自の手技テクニックを治療の主な手段とし、検査と診断と施術をしている。

カイロプラクティック施術者は体に関する幅広い診断知識を持ち、手技療法に加え、理学療法・リハビリ、栄養/食事指導生活習慣の指導も日常行っています。

カイロプラクティック 「Chiropractic」 の名前は、ギリシャ語の Chiro(手技)と Prakticos(技術)を一つにした造語である。

これは前述のサブラクセーション(背骨の少しのズレ)の調整のに「アジャストメント」という施術方法を用いることに由来する。

世界保健機関(WHO) はカイロプラクティック(背骨矯正術)を代替医療と位置づけしています。

カイロプラクティック(脊椎矯正術)は、脊椎矯正術の一つです。

カイロプラクティック(脊椎矯正術)以外にも「オステオパシー」・スポンディロセラピ-など脊椎矯正術があります。

米国(アメリカ)の治療家パーマー(1845~1913) が創始された。

病態は神経の機能障害によって発生するとの考え方に基づいて、、特に椎骨の指圧によって神経系機能の回復を目的とした治療法です。

19 世紀末アメリカ(米国)にて生みだされた神経機能の障害に対する施術です。

脊椎(せきつい)の歪(亜脱臼)みを矯正、神経の機能を整えさせ、組織や器官の異常を治療する

「カイロプラクティック」 「Chiropractic」 は筋肉、骨格の障害とそれらが及ぼす健康への影響を診断、治療、予防する専門家であり、関節矯正もしくは脊椎マニピュレーション(アジャストメント)を含めた徒手治療を特色として、特に背骨の小さなズレ(神経系の働きを妨げ生理学的変化を起こす因子)に注目する治療です。

分かりやすく言えば・・・骨の歪み、特に脊椎のズレを手や矯正ベッドによって整復することによって神経の機能の働きを改善する療法

ですから人の人体を主に制御するのは脳と脊髄繋がっている神経で、その神経の伝達がよくなれば自ら肉体は病気の回復とともに健康的になるという訳です。

ヘルスケア・システムの中の背骨健康管理の専門家です。

神経系・骨格系の機能・能力、健康そして日常生活の質を向上させる機能を備えている。

最近のリサーチと臨床に基づいて、主に背骨(脊椎)と神経系の関り合いを重視しながら検査、診断、治療に専門的なアプローチを行います。

手技矯正、体操、患者教育など含みながら、特に脊椎アジャストメントを行う教育を受けた専門職です。

「カイロプラクティック」 (Chiropractic) は病歴を聞き取り、姿勢バランス検査など各検査を行っていきます。

そして体のバランスを統合的に判断して施術順序を組み立てて様態や体の特徴に応じた手技のテクニックを使います。

ABhttp://chiro1.hamamatu.org/p-sisei1107/ “> 背骨の矯正 .
整体 .
整体院 .

関連記事

痛み / 痺れ / 凝り

  1. 登録されている記事はございません。

カイロプラクティック

  1. 登録されている記事はございません。