整体(手技療法)と脊椎矯正

ヘルニア . 慢性腰痛 . 側湾症を矯正す .

カイロプラクティック

「カイロプラクティック」は1895年にアメリカの「パーマー」により創始された手技療法です。

カイロプラクティックの名称の由来は、ギリシャ語で「カイロ」は「手」、「プラクティック」は「技術」を意味する新しく作られた言葉です。

世界保健機関では補完代替医療に位置づけています。

発明国の米国や、イギリス、EU諸国などの一部の国ではおもに筋骨格系の障害を取り扱う背骨の専門職として法制化されている国もあります。

世界保健機関(WHO)の定義では、「筋肉・骨格障害とそれが与える健康全般への影響を診断・治療・予防する専門家である。

治療方法は手技による関節矯正あるいは背骨マニピュレーションを特色とし特に背骨のわずかなズレに注目している」。

但し「カイロプラクティック」 (Chiropractic) の定義は、いろいろな団体や教育機関で違うケースも多い。

また、疾病症状原因が背骨などの骨(運動分節)の構造的、機能的なズレ(サブラクセーション)だと考え、そしてその亜脱臼(サブラクセーション)を手や器具により正しい位置に調整することで痛みを治すことがカイロプラクティック(背骨矯正法)だと思っている人達がいます。

例えば米国カイロプラクティック協会(en:American Chiropractic Association)が定義する「カイロプラクティック」 Chiropractic とは、骨格神経系の疾病に専門化した医療であると定義されている。

カイロプラクターは薬剤治療、手術はしなくて、カイロプラクティック独特の矯正を治療の主な手段として検査診断と施術をしています。

カイロプラクターは広範囲の診断知識を有し、手技に加え、理学療法・リハビリ、栄養・食事指導や生活のアドバイスも行っています。

カイロプラクティック(脊椎矯正術)の名称はギリシャ語の Chiro「手技」と Prakticos(技)を組み合わせて造った造語である。

このことは上記の「サブラクセーション」(背骨の少しのズレ)の施術のために「アジャストメント」と呼ばれる矯正法を用いることにあります。

WHO世界保健機関 は、カイロプラクティック(脊椎矯正術)を代替医療と位置づけています。

カイロプラクティック(Chiropractic) は脊椎矯正術の一つです。

カイロプラクティック Chiropractic 以外にもオステオパシーやスポンディロセラピ-など脊椎矯正法があります。

米国(アメリカ)の治療家「ダニエル・デビッド・パーマー」 が生み出された。

病変は神経系機能の障害により起きるとの考え方に基づき、身体、特に脊椎関節の矯正で神経の機能の回復を目指した治療なのです。

19 世紀に米国(アメリカ)で体系づけられた神経機能に対する治療。

脊椎の歪(ズレ)みを矯正、神経の機能を整えさせ、組織や器官の不調治療する

カイロプラクティック(背骨矯正療法)筋・骨格系の障害とそれらが及ぼす体への作用を判断、治療、予防する専門職であり、骨格矯正もしくは脊椎のマニピュレーションを含めた徒手治療を特色として、特に背骨の亜脱臼(神経系の働きを妨げ生理学的変化を起こす因子)に注目する治療方法です。

ざっくり言えば…、骨格の歪み、特に背骨(脊椎)の歪みを手技や器具によって調整することによって神経の機能の作用を治療する療法

ですから人間の人体を主にコントロールするのは脳と脊髄つながっている神経組織で、その神経線維の伝達がよくなれば自然と人間は病気の治癒とともに健康になると考えるわけです。

健康管理システムの中における脊椎ヘルスケアの専門職

神経系や骨格系の機能、能力、健康そして日常生活の質をより高める能力を有する。

最新のリサーチおよび臨床経験に基づいて、特に背骨(脊椎)神経系の関りを重視しながら検査、診断、治療に専門的な着手計画をする。

手技矯正、運動、患者教育など含み、特に脊椎アジャストメントをする教育を受けた専門家。

カイロプラクティック(背骨矯正療法)では既往歴を訊き取り、姿勢分析など各検査を行います。

骨格アンバランスを総合的に判断して施術の手法を組みたてて症状や個人差に対応した施術カイロ・テクニックを利用します。

AB

側彎症を直す .
骨盤を直す .
急性頭痛と危険な頭痛 .
肩凝り(肩こり)と骨のズレ .
背中の痛み・背中の凝りと骨のズレ .
腰の痛みと骨のズレ .
坐骨神経痛と骨のズレ .
慢性的な原因不明の身体の不調と骨のズレ .
膝の痛みとO脚矯正(オオキャク矯正) .
膝の痛みとX脚矯正 .

関連記事

痛み / 痺れ / 凝り

  1. 登録されている記事はございません。

カイロプラクティック

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP