骨格矯正と整体

整骨 . 整体 . カイロ .

カイロプラクティック

カイロプラクティック(脊椎矯正法)は1895年アメリカ(米国)のダニエル・デビッド・パーマーにより開発された手技療法です。

カイロプラクティックの命名は、ギリシャ語で「カイロ」は「手」、「プラクティック」は「技術」を意味する造られた言葉です。

(WHO)世界保健機関では補完代替医療に位置づけています。

発祥国アメリカや、イギリス、オーストラリア、ヨーロッパなどの一部の国(約40カ国)において、おもに筋肉・骨格の障害を取り扱う筋肉・骨格ヘルスケアの専門職として法制化されています。

世界保健機関(WHO)の定義では、「筋・骨格系の障害とそれが与える健康全般への影響を診断、治療、予防をする専門家です。

治療は手技による関節矯正あるいは脊椎マニピュレーションを特徴とし脊椎の歪みに注目している」。

但し、カイロプラクティック(脊椎矯正術)の定義は、様々な団体や学校によって異なるケースも多いようです。

中には痛みの要因が背骨などのの構造的、機能的なズレ(サブラクセーション)にあると考え、その異常(サブラクセーション)を手技・矯正器具で調整することで病気治すことがカイロプラクティック(Chiropractic) と考えている方がいます。

例えば米国カイロプラクティック協会が定めるカイロプラクティック(脊椎矯正術)は筋肉骨格系と神経系の疾患に特化した療法と定義されています。

カイロプラクティック施術者は薬剤治療、外科的手術はすることなしに、独自の手技による矯正方法を施術の主な方法として、検査と診断と治療をしています。

カイロプラクティック施術者は身体に関する広範囲の知識を持っていて、治療法に加え、理学療法リハビリ栄養食事指導や日常生活の習慣のアドバイスもしている。

カイロプラクティック(Chiropractic) の名称はギリシャ語 Chiro(手技)と Prakticos「技」を組み合わせて造った造語です。

これは、上記のサブラクセーション(背骨の小さな歪み)の施術の為に「アジャストメント」と呼ばれている矯正方法を使用することに由来する。

(WHO)世界保健機関ではカイロプラクティック(背骨矯正法)を代替医療と位置づけしています。

カイロプラクティック(背骨矯正法)は脊椎矯正術の一つです。

カイロプラクティック(脊椎矯正術)の他にも「オステオパシー」スポンディロセラピ-などの脊椎矯正術があります。

米国の治療家パーマー が生み出された。

病気は神経系の機能の障害から発現するという考え方に基づいて、、特に背骨の矯正により神経の機能回復をはかろうとする治療方法なのです。

19 世紀末に米国(アメリカ)で発明された神経機能の障害に行う治療

脊椎(せきつい)の歪(ズレ)みを矯正、神経の機能を正常化させ、各組織や器官の不調を治す。

「カイロプラクティック」は骨格障害とそれらが及ぼす健康への作用を診断、治療、予防する専門家であり、関節矯正もしくは脊椎マニピュレーション(矯正)を含む手技療法を特徴として、主に脊椎のわずかの歪み(神経系の働きを妨げ生理学的変化を起こす因子)に注目する施術法です。

ざっくり言えば…骨格のゆがみ、特に骨(脊椎)の歪みを手によって矯正することで神経機能の働きを回復する治療方法。

人の肉体をコントロールするのは脳につながっている神経線維であり、その働きが良くなれば自ら体は痛みやシビレの軽減とともに健康的になる訳です。

健康管理システムの中の背骨健康管理のプロフェッショナルです。

神経系・骨格系機能、能力健康そして日常生活の質を高める能力を持っている。

最近のリサーチと臨床経験に基づいて、主に脊椎と神経系の関り合いを重視し検査、診断、治療に専門的な着手計画を行います。

手技矯正、運動、患者教育など含みながら、主に脊椎アジャストメントを執り行う教育を受けた専門家。

カイロプラクティック(脊椎矯正術)は、まず病歴を訊き、姿勢バランス検査など各種検査を行っていきます。

そして身体の不整列を総合的に判断して治療の順番を組みたてて、症状や体の特徴に適した矯正のカイロプラクティック・テクニックを用います。

AB

手・腕・肘・肩の痛み・痺れ(しびれ)
腰痛(腰の痛み)
脚の痛み・痺れ(しびれ)
慢性的な原因不明の身体の不調
O脚矯正(オーキャク矯正)
X脚矯正(エックスキャク矯正)
カイロプラクティック・整体
施術内容
お悩みの症状
営業時間と予約方法
アクセス
姿勢矯正・猫背矯正
背骨の矯正
骨盤の歪みを治す治療法と骨盤矯正
頭痛・片頭痛(偏頭痛)・筋緊張性頭痛
肩凝り(肩こり)
背中の痛み・背中の凝り

関連記事

痛み / 痺れ / 凝り

  1. 登録されている記事はございません。

カイロプラクティック

  1. 登録されている記事はございません。