姿勢矯正とは

 

姿勢矯正の特徴

姿勢矯正

肩がこると肩をもむ・ほぐす・湿布を貼る・電気を当てる・温める。
これらを総して対症療法と呼びます。

対症療法とは?
症状がある場合に、その症状を和らげる療法。(例)頭痛が出たら頭痛薬を飲む

ca160

「痛いから揉んででもらう」のではなく、「痛くならない体にしてもらう」

姿勢矯正は予防整体にもなります。

慢性症状に

慢性的な、肩こり、腰痛、首こり、頭痛、背中痛、膝痛、股関節痛、しびれ、自律神経失調症、冷え症、むくみ、疲労感、など、ほとんどの症状はゆがんだ姿勢が原因で起こります。

また、姿勢が悪いと、お腹だけぽっこり出たり、O脚や内股になりやすくなります。

下半身の血行も悪くなるため、太もも太り、ふくらはぎがパンパン、冷え症、むくみ、の原因になり美容的にも良くありません。

根本原因である、猫背、反り腰、背骨のゆがみ、巻き肩、平背、ストレートネック、スウェーバック、O脚、内股、などの不良姿勢を治すことで、元気で美しい体を取り戻します。

関連記事

痛み / 痺れ / 凝り

  1. 登録されている記事はございません。

カイロプラクティック

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP