ギックリ腰になったときの対処方法

ギックリ腰

腰痛には、突然腰が痛くなるギックリ腰(急性腰痛症)と、慢性的に、腰に不快感と痛みを及ぼす慢性腰痛とがあります。
ギックリ腰は、年齢に関係なく発症し、日常生活や仕事にまで支障をきたすことがあります。ちょっとした動作で、ギックリ腰に見舞われることもあり。
突然起こる激痛のため、恐怖心を抱いてしまい、治っても、体をあまり動かさなくなってしまう人もいるくらいです。

ギックリ腰の原因は?

ギックリ腰は、突然、腰を襲う激しい痛みです。ギックリ腰は「急性腰痛症」の俗称で、ギックリ腰を起こす原因には、内臓の病気や脊椎の病気などもあります。
腰を傷めた瞬間が、はっきり自覚できる場合もありますが(物を持ち上げたときなど…)、中にはきっかけがよくわからない、という人もいます。
原因がよく分からないギックリ腰には、朝起きたら腰が痛くて動けないなどという場合もあります。
また ちょっとしたきっかけで(咳やクシャミなど…)で、ギックリ腰になる場合もあり、腰を傷めるきっかけは、様々です。
きっかけは様々でも、多くの場合、腰周りの筋肉の疲労や筋力の低下、悪い姿勢などによる背骨や骨盤の骨格の歪みが原因になっていると推測できます。

ギックリ腰の症状は?

ギックリ腰の痛みの程度や症状の進み具合は、人それぞれなのですが、多くの場合痛みが強いため、体を動かすことが大変です。

  • 動作を始める瞬間に、強い痛みが出る
  • 最初は違和感程度の症状でも、時間の経過と共に痛みが増して激痛になっていく
  • 咳やクシャミでも、腰に痛みが走る
  • 歩行が困難である
  • 寝返り程度の動作でも痛みが出る
  • 動いていなときは、比較的痛みが少ない
  • 起き上がった状態よりも、横になって膝を曲げているほうが楽である

医療機関を受診するべきケース

腰をギクっと痛めた際に、脚に痛みやしびれなどの症状が出た場合。楽な姿勢が見つからず、じっとしていても痛みが軽減しない場合。発熱、発汗がある場合などです。
早めに整形外科を受診したほうがいいでしょう。何かの病変に関連した腰痛かもしれません。
一般的なギックリ腰は、2~3日もすると徐々に症状が和らぎ、少しずつ動くことが出来るようになります。
ギックリ腰 になってしまったら、最初の数日間は、なるべく安静にして過ごしましょう。
寝る姿勢は、横向きで腰を少し丸めて寝ていると比較的らくな場合が多いようです。

患部を冷やす

ギックリ腰は、患部の炎症がみられることも多いため、炎症を悪化させないために痛めた部位は温めない方が無難です。
1日数回、アイシングなど冷やして対処します。
動く場合は、コルセットなどをすると楽に動けることが多いため、持っている人は使うことをおすすめします。
少し動くことが出来るようになったら、カイロプラクティック整体など受診すると、回復が早まる可能性があります。
その後は、日常生活にストレッチや筋トレなどを取り入れるといいでしょう。

痛みの強いうちは、動かずにひたすら安静にすることが大切です。

痛みの状態や、腰以外の症状がある場合には、病院で検査を受ける必要がある場合があります。

カイロプラクティック整体は、ギックリ腰の早期改善にとても有効です。

ある程度痛みが和らいできたら、安静時に硬くなった筋肉をストレッチするのは、腰の機能改善に役立ちます。

筋肉を鍛えることによって、腰の強化を行います。

正しい姿勢を身に着けることによって、ギックリ腰の再発を予防できます。

関連記事

痛み / 痺れ / 凝り

  1. 登録されている記事はございません。

カイロプラクティック

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP