ギックリ腰って、どんな腰痛のことを言うの?

ギックリ腰って何?

ギックリ腰という呼び方は、突然起こる腰の痛みの俗称です。

突然痛みが発症する!

物を持ち上げるとき、クシャミをしたとき、顔を洗おうとしたときなど、重い物を持ったとき以外にも、ちょっとした動作でギックリ腰になることがあります。

ギックリ腰は、癖になる?

ギックリ腰が癖になり、何度も同じようにギックリ腰を繰り返してしまう人が多くいます。

ギックリ腰の原因

背骨が歪んだり、筋肉や靭帯の損傷、背骨の圧迫骨折、椎間板ヘルニアなどがあります。

ギックリ腰を予防するには?

1.体の柔軟性
同じ姿勢を続けたり、同じ動作を繰り返すことによって、一部の筋肉や靭帯の柔軟性が損なわれ傷めてしまう。
2.筋力の低下
運動不足などによって、弱ってしまった筋肉に負荷がかかることによって、筋肉を傷めてしまう。
3.姿勢の悪さ
悪い姿勢を続けることによって、背骨や骨盤の歪みなどが起こり、関節やその周囲の筋肉や靭帯や椎間板を痛めてしまう。

ギックリ腰の治療

1.安静
痛みが軽減するまで、数日間休みます。
3.薬や注射
病院(整形外科)などを受診すると、多くの場合「痛み止めや湿布」をもらいます。痛みがひどい場合には腰に注射(ブロック注射など…)などをする場合もあります。
3.鍼治療
腰の痛みを軽減するために、鍼治療を受ける方もいます。
4.電気治療
主に接骨院で行われている治療法です。
5.マッサージ
筋肉をほぐすのが目的になります。最近では、マッサージではないが同じようなことをする「てもみ」「もみほぐし」などがあります。
6.手技療法
整体カイロプラクティックなど、主に骨格の矯正を行います。

ギックリ腰の痛みの強い間は、安静にすることが大切です。

症状によっては、病院でレントゲンやMRIなどの検査を受ける必要があります。

カイロプラクティック整体なの手技療法により脊椎・骨盤矯正はギックリ腰のみを改善するのにおすすめです。

ある程度痛みが和らいできたら、安静時に硬くなった筋肉をストレッチするのは、腰の機能改善に役立ちます。

筋肉を鍛えることによって、腰の強化を行います。

正しい姿勢を身に着けることによって、ギックリ腰の再発を予防できます。

関連記事

痛み / 痺れ / 凝り

  1. 登録されている記事はございません。

カイロプラクティック

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP