ぎっくり腰って、どうしてなるの?

ぎっくり腰

ぎっくり腰とは?

ぎっくり腰は『急性腰痛』『椎間捻挫』とも呼ばれ、突然「腰」をグキっ痛めてしもうものをいいます。

ぎっくり腰の原因は様々で、一人一人その原因はちがいますが、 椎間板や筋肉、靭帯などを痛めて起こるものが一般的です。

ぎっくり腰になる原因は?

原因1 筋肉の疲労や損傷

まず挙げられるのが、筋肉の疲労や損傷です。ぎっくり腰は突然起こりますが、その原因となる筋肉の疲労や損傷は徐々にに体に蓄積されています。
荷物を持ち上げようとした瞬間に激痛が走ったり、クシャミをした瞬間に傷めたり、日常の中で同じ動作をしても平気だったのに、ある瞬間にぎっくり腰になってしまうのです。
これは、筋肉疲労蓄積することにより、あるとき限界を超えてしまい、腰の筋肉を傷めてしまったといえます。
腰に負担のかかる日常生活を送ることで、腰周りの筋肉疲労は蓄積されます。
常に回復し健康を保つことができればいいのですが、不摂生や、運動不足、座りっぱなしの仕事を続けるなどしていると、筋肉疲労が回復することなく徐々に蓄積されていき、やがて腰痛を招いてしまうことになるのです。

原因2 骨格の歪み

ぎっくり腰にある大きな要因に、骨格の歪みがあります。仕事や学校など日常生活を考えてみると「立ちっぱなし」や「座りっぱなし」など、長時間、同じ姿勢を強いられていることが多いでしょう。
このような状況で、身体の柔軟性が失われていき、同じ骨格や筋肉だけを使うことになってしまいます。
いつも同じ使われている筋肉に負荷がかかり、使われていない筋肉は少しずつ緩んでいきます。こうしたことが筋力のアンバランスを生み出し、骨格の歪みを招いてしまいます。
歪んで身体の左右バランスを崩した時、その周囲の筋肉には常に異常な負荷がかかります。筋肉に徐々に筋肉疲労が蓄積され、やがて筋肉を傷めることになり腰痛につながるのです。

原因3 外力による損傷

運動中や作業中の、ぎっくり腰の原因で最も多いのがこれです。物を持つ、高いところから飛び降りる、など瞬間的に大きな力がかかった時に起こります。朝起き上がる時や、椅子から立ち上がる時など、止まっている状態からいきなり動いたときや、動きの急激な切り替えの時に、腰にいきなりの過負荷がかかり、ぎっくり腰を起こしてしまいます。

ぎっくり腰の痛みは突然あなたを襲います。

腰を傷めた最初の2~3日は動かずに安静にしていましょう。

圧迫骨折や腰痛以外の病気の可能性が考えられる場合、医療機関を受信することが必要な場合もあります。

カイロプラクティック整体は、ぎっくり腰の早期回復にとても役立ちます。

ある程度痛みが和らいできたら、安静時に硬くなった筋肉をストレッチするのは、腰の機能改善に役立ちます。

筋肉を鍛えることによって、腰の強化を行います。

正しい姿勢を身に着けることによって、ぎっくり腰の再発を予防できます。

ぎっくり腰の痛みの強いときには、コルセットを使用すると動くときの痛みが軽減します。

関連記事

痛み / 痺れ / 凝り

  1. 登録されている記事はございません。

カイロプラクティック

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP