自然治癒力

若い血を取り入れて自然治癒力を上げる

「若い血が年老いたマウスの体を若返らせる」という研究が2014年に発表されました。
この研究では「若い血の中のタンパク質に老化した細胞を復活させる力がある」ということでしたが、別の研究チームにより、同じように若い血を年老いたマウスの体に導入すると自然治癒力が上がることがわかりました。
こちらの研究では、若返りにはβカテニンが密接に結びついていることが判明しています。

Exposure to a youthful circulaton rejuvenates bone repair through modulation of [beta]-catenin :
Nature Communications : Nature Publishing Group
http://www.nature.com/ncomms/2015/150519/ncomms8131/full/ncomms8131.html

この研究はトロント大学・トロント小児病院のチームが行ったもの。
論文の責任著者であるベンジャミン・A・アルマン博士は、トロント小児病院の整形外科長です。

年を取った人の方は若い人よりも自然治癒力が低く、けがの治りが遅かったり、骨折時の骨の修復が遅かったり、歯のインプラント治療をするとチタンと歯が一体化するオッセオインテグレーションが遅かったりします。
しかし、この骨の修復速度や、骨形成能(骨を作る能力)がなぜ変わってくるのか、何が原因なのかはわかっていませんでした。

この傾向は人もマウスも同じだということなので、アルマン博士らのチームがマウスを用いて調べたところ、近年の「若い血が年老いたマウスの体を若返らせた」という研究と同じように、若い血液を使うと自然治癒力が上がることがわかりました。

実験では、2匹のマウスの血液がお互いに循環するように並体結合。1組はマウスとしては若くない20ヶ月のマウスを2匹結合し(下図・ISO)、もう1組は20ヶ月のマウスと若いマウスを結合しました(下図・HET)。
すると、ISOよりもHETの方が、骨折した骨や筋肉が早く回復しました。

さ らなる実験で、若いマウスと並体結合しなくても、若い骨髄を移植することでも同じように骨の修復や骨芽細胞の分化が早まることが判明。アルマン博士らは、 この「若返り」の原因が、Wnt/β-カテニン経路の変調にあることを突き止めました。また、骨折からの回復時の炎症期にも潜在的な役割を果たし、効率的 な炎症反応が起きるように作用しているという重要性が明らかになりました。

今後、Wnt/β-カテニン経路の働きを低下させ、炎症反応をコントロールすることで、骨折修復やインプラントのオッセオインテグレーションを改善することができるのではないか、と期待されています。

http://gigazine.net/news/20150520-youthful-circulation-rejuvenates-bone-repair/

参考文献 http://www.scienceplus2ch.com/archives/5031469.html
すごい方法ですね。若返りは永遠のテーマです。

関連記事

痛み / 痺れ / 凝り

  1. 登録されている記事はございません。

カイロプラクティック

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP