人生を左右するほどの影響力

小中高校で指導力を発揮できる教員の確保と育成が従来にも増して求められている。
グローバル化や技術の劇的な進歩、少子化、高齢化等の難しい局面に加えて経験豊富な教員の大量退職が重なり、限られた予算と人員という制約の下で、時代の要請に合う人材を生み出す学校教育を実現する必要があるからだ。

中央教育審議会は「教職に対する強い情熱、教育の専門家としての確かな力量、総合的な人間力」を持つ教員の養成を目標として提示した。これを受け各教育委 員会と学校は、人物重視の選考やベテラン教員の知見・経験を伝承する取り組みを進め、国は教員養成方法の改善策を模索している。

つまりすべては「人なり」と認識し、その人材をいかに発掘し、育成し活用するかが肝となるが、併せて教育現場の改革を進め、教員が実力を十分発揮し得る環境と仕組みを整えることが大切だ。

ただし、その取り組みを真に実効あるものとする上で忘れてならないことがある。それは、教員一人一人が教職者としての在り方を自覚し持てる能力を最大限に発揮していくとの意識を持つことだ。

学校は子供たちが保護者のもとを離れ、最も長い時間を過ごす場所。
教員の一挙手一投足を見て育つともいえる。つまり、教員一人一人が子供たちに「背中」を見せる必要があるということだ。

私は、教員には教え子の人生を左右するほどの影響力があり、心の糧を残してくれるような教員が理想の教員だと思っている。
実は、私の目には、故郷の小学校と中学校の恩師の姿が、理想の教員像として今も鮮明に焼き付いている。

「初 心を忘れるな」「真っすぐに生きよ」が口癖だった小学校(分校)の恩師。些細(ささい)なことや見えないはずの努力を認めて褒めたり、卒業の日、アルバム に載せた石川啄木の歌、「ふるさとの かの路傍の捨て石よ ことしも草に 埋もれしらむ」を指し励ましてくださったりした中学校の恩師。

公私を明確に区別する姿勢、仕事に対する熱意、責任感、裏表なく真面目で誠実な行動をとること。その立派な背中と生き方から学んだことはたくさんある。

教員の挨拶・笑顔・相槌(あいづち)など、日頃の何げないそぶりを大切にする姿勢や、人の話を真面目に聞き真摯(しんし)に向き合う姿は、子供たちの他者を思いやる気持ちを育む。

強い情熱と教職者としての意識、責任感・使命感をもって困難な物事、新しい物事に立ち向かう姿勢は、子供たちのチャレンジする心に火をつけ、競い勝つ喜びと負ける悔しさ、耐え、そして再挑戦しようとする心を育む。

一つの出来事にもさまざまな見方・考え方があることに思いを馳(は)せる姿は、グローバル社会に欠かせない子供たちの多面的・多角的視点に立った物の見方、自分の頭で考え、公正公平な判断を下す姿勢と力を育む。

教員自らがそうしたことを実践する具体例となっているかを省み、まずは子供たちに向き合い行動することこそ、最大の教育効果を生むものと考える。

課題は多々あると思うが、教員諸氏には、教育再生の動きを学校における教育力の向上、そして自らの資質や能力を磨き上げる絶好の機会と捉え、事に臨んでいただきたい。子供たちの健やかな成長のために。

参照 http://www.scienceplus2ch.com/archives/4937023.html


「マップ(地図)」 「営業時間・料金・予約方法」

岡田カイロプラクティック浜松整体院

〒430-0816 静岡県浜松市南区参野町225-1

TEL.053-462-9923

浜松市南区、カイロプラクティック・整体
カイロプラクティック・整体
カイロプラクティック・整体と症状
営業時間アクセス

姿勢矯正・猫背矯正
背骨に矯正
骨盤の歪みを治す治療法と骨盤矯正
頭痛・片頭痛(偏頭痛)・筋緊張性頭痛
肩凝り(肩こり)
背中の痛み・背中の凝り
手・腕・肘・肩の痛み・痺れ(しびれ)
腰痛(腰の痛み)
脚の痛み・痺れ(しびれ)
慢性的な原因不明の身体の不調
O脚矯正(オーキャク矯正)
X脚矯正(エックスキャク矯正)

関連記事

痛み / 痺れ / 凝り

  1. 登録されている記事はございません。

カイロプラクティック

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP