コタール症候群

ロシアメディアの15日付記事では、イギリスの17歳の少女ヘリさんは、自分が3年前に死んだと信じ込んでいた。精神疾患コタール症候群にかかったからだ。
コタール症候群は1788年に初めて報告され、1880年にフランスの精神科医コタールの名前で命名され、現在、全世界に患者が約100人いる。
精神分裂病、うつ病と同様で、コタール症候群は、妄想を主体とした症候群だ。ヘリさんの発症は突然だった。英語の授業中に、自分は死んでいると思い、家に帰った後、墓地に行き、死んだ人々との距離を近づけようとしていた。
だ んだん体を動かすことができず、両手はものを持つことができなくなり、学校を止め、生活の趣味を失った。経験のある医師はコタール症候群と診断し心理療法 を始め、正常な感知を取り戻させた。ディズニー映画は治療において大きな効果を果たした。治療を受けたヘリさんは生活に希望を取り戻している。
参照 http://www.scienceplus2ch.com/archives/4951645.html

関連記事

痛み / 痺れ / 凝り

  1. 登録されている記事はございません。

カイロプラクティック

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP