ある生き物のおかげで傷が

ティラピアは将来的に私たちの傷を治す手助けをするかもしれない。

科学者たちは、ティラピアから抽出したコラーゲンは傷を綺麗にし、治癒を加速する
『創傷被覆材』となるかもしれないことを発見した。
コラーゲンは動物における様々な結合組織の主要なタンパク質である。
哺乳類において最も豊富なタンパク質が、魚にもみられる。
牛や豚由来のコラーゲンは、以前に使用されたことがあるが、
感染症の伝送、宗教状の理由などの問題がある。

研究者は、他の生物のコラーゲンが使えないか研究を開始した。
その結果、ティラピアは素晴らしい選択であると結論付けた。
ティラピアは、池や川、湖、汽水域などに生息する魚である。
近年ティラピアは、世界で分布域が拡大し、養殖も可能だ。

ティラピアコラーゲンはネガティブな免疫応答を誘発しないことが分かった。
実験では、線維芽細胞の成長を促し、創傷治癒に関与する遺伝子の発現を増加させた。
結果は、動物実験の段階へ移行する十分な良い結果だった。
動物実験ではラットの背中に1.8センチの傷を与えた。
そして、何もしないもの、藻類ベースの創傷被覆材、およびティラピアコラーゲンで治療した。
2週間後、ティラピアコラーゲンで治療した場合、傷がほとんどなくなっていた。
図からも分かるように、ティラピアコラーゲンは創傷の治療において最も有効であった。

研究者たちは、さらに研究を進め、最終的に製品としてリリースしたいと考えている。
だが、その先には厳しい競争も待っている。
例えば、Eqalix社は治癒を促進するために、大豆蛋白を利用する研究を進めている。
参照 http://www.scienceplus2ch.com/archives/4970183.html
静岡県浜松市南区の腰痛治療なら、浜松市南区の「カイロプラクティック」「整体」

関連記事

痛み / 痺れ / 凝り

  1. 登録されている記事はございません。

カイロプラクティック

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP