「うつ病」かどうかを診断する方法を開発

うつ病診断に新手法=血液のDNA反応分析-徳島大
引用元:時事ドットコム 2015/02/04-22:02配信記事
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201502/2015020400952&g=soc

血液中のDNAを調べ、化学反応の状況から、うつ病かどうかを診断する方法を開発したと、徳島大の大森哲郎教授らの研究グループが4日発表した。
うつ病の血液診断の実用化につながる成果という。
論文は同日付の英科学誌エピジェネティクス(電子版)に掲載された。
 
うつ病はストレスなど、さまざまな要因で発症するとされる。
研究グループは、ストレスなどによって、メチル基と呼ばれる分子が遺伝子に結合する化学反応「メチル化」に変化が起きることに着目。
うつ病患者20人と、うつ病ではない19人の二つのグループから血液を採取し、多くの遺伝子のメチル化の程度を測定した。
 
この結果、18種類の遺伝子のメチル化反応の値を組み合わせれば、二つのグループを判別できることが分かった。
別の二つのグループで同様の実験を行った場合も有効だったという。
 
研究を主導した沼田周助講師は「精度の高いうつ病の指標に成り得る。
実験の規模を拡大し、実用化につなげたい」と話している。(2015/02/04-22:02)
(引用ここまで)

▼関連リンク
徳島大学
【報道発表】徳島大学病院ではうつ病患者の血液の生物学的指標を発見しました
2015年2月4日
http://www.tokushima-u.ac.jp/docs/2015020400073/
参照 http://www.scienceplus2ch.com/archives/4964745.html
静岡県浜松市南区の「腰痛」「ギックリ腰」「慢性腰痛」の治療なら、浜松市南区の「カイロプラクティック」「整体」

関連記事

痛み / 痺れ / 凝り

  1. 登録されている記事はございません。

カイロプラクティック

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP