サイコパス傾向

つい最近日本でも、商品につまようじを入れたり、万引きするそぶりをするといった、自分で自分を撮影し続けた犯罪動画をYOUTUBEにアップし続けた 少年が逮捕されたとして話題を呼んでいたが、もしかしたらすこし関連するかもしれない。自分撮りをよく公開する男性は、サイコパス傾向があるようなのだ。

最新の研究によれば、定期的にSNSなどに、自分撮り写真や動画を投稿する男性はナルシストの気があり、衝動的な性質や共感の欠如といった特徴を示している可能性が高いのだという。

オハイオ州立大学の心理学者ジェシー・フォックス助教が実施した実験では、18~40歳の男性800人を対象に、ソーシャルメディア上の露出度を調査す ると同時に、心理テストを実施することで性格的特徴を分析した。この調査ではフェイスブックやツイッターへの自分撮り写真の投稿頻度のほか、フォトショッ プなどによる修正についても質問されている。

その結果、定期的に自分撮り写真を投稿する男性は、反社会的特質スコアが平均よりも高かった。また、自分の容姿をよく見せるために画像を修正する男性には、ナルシストと自己客観化の兆候も見られた。

ナルシシズムは一般に虚栄心と強く結びついているが、知性や魅力における他人に対する優越感とも関連した心理的な欠陥としても知られる。また、写真を直 ぐさま投稿するような場合、サイコパスの兆候である可能性が高く、他人に対する共感や敬意の欠如に加え、衝動的傾向をも示しているようだ。

男性がこうした行為をするとは意外に思う人もいるかもしれないが、確かにそうした人物は存在する。そして、この行為はさらに大きな危険性を孕んでいる。

自己客観化は、女性なら鬱や摂食障害といった問題に発展する可能性が知られているが、男性も例外ではないという。

ソーシャルネットワークが普及するにつれて、利用者は自分の容姿をますます気にするようになっている。このことは、女性のみならず、男性にとっても大き な問題となる可能性がある。自分撮りは、社会的な依存を求めるわがままや、自意識過剰を誘発し、「ナルシシズム」か、もしくは「極端に低い自己評価」とい う、自己矛盾を引き起こす。

ちなみに昨年4月に発表された研究では、自分を撮影する際に写真写りがよくなる角度を常に気にかけている人たちは、心の病気である可能性が示されていた。

たとえば身体醜形障害は、極度の低い自己価値感に関連して、自分の身体や美醜に極度にこだわる症状がでる。この患者の多くが頻繁に自分撮りを行う。

精神科医のデビッド・ヴィール氏によれば、カメラ付き携帯の普及以来、身体醜形障害で受診する患者の3人に1人が、繰り返し自分撮りを行ない、ソーシャルメディアに投稿していたという。

これは自分の容姿を確認したがるこの病気の症状によるもので、身体醜形障害の患者は、自分の容姿の欠陥を隠せる写真を撮るために何時間もかける。本人が 気にしていても、他人には判らないようなものであることも多い。極端な事例では、自分撮りの写真写りが気に入らず自殺した患者すらいたそうだ。

参照 http://karapaia.livedoor.biz/archives/52183032.html

静岡県浜松市南区の「肩凝り」「肩こり」の治療なら、浜松市南区の「カイロプラクティック」「整体」

 

 

関連記事

痛み / 痺れ / 凝り

  1. 登録されている記事はございません。

カイロプラクティック

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP