妊婦とプラスチック

妊婦のプラスチック化学物質への暴露、子どもの知能指数低下と関連か 研究
2014年12月12日 12:44 発信地:マイアミ/米国

【12月11日 AFP】プラスチック製品や化粧品、芳香剤などに含まれるごく一般的な化学物質に、妊娠期間中に高レベルでさらされた女性の子どもは、そうでない子どもよ りも知能指数(IQ)が低くなる傾向がみられたとの研究論文が、10日の米オンライン科学誌「プロスワン(PLOS ONE)」に掲載された。

研究によるとフタル酸ジブチル(DnBP)とフタル酸ジイソブチル(DiBP)の痕跡が高かった母親の子どもは、同物質に低レベルさらされた母親の子どもと比べて、IQが平均で6ポイント低かったという。

この結果を受け、研究チームは妊娠中の女性に対し、芳香剤や洗濯乾燥機用の柔軟剤シートなどの香料入り製品への暴露を制限し、プラスチック容器に入れて電 子レンジで食品を温めたり、リサイクルマークの3(ポリ塩化ビニール)、6(ポリスチレン)、7(その他)のラベルがついたリサイクル製品の使用を避ける よう呼び掛けた。

論文主著者で米コロンビア大学(Columbia University)メールマン公衆衛生学部(Mailman School of Public Health)のパム・ファクターリトバック(Pam Factor-Litvak)准教授(疫学)は、「米国の妊娠中の女性たちはほぼ毎日、フタル酸エステル類にさらされている。そして女性らの多くは、われ われが子どものIQ低下を確認したレベルと同等のレベルでさらされている」と述べた。

「子どもの玩具へのフタル酸エステル類の使用を禁止する規制は一部存在するものの、脳の発達に最も影響を及ぼしやすい時期と考えられる妊娠中の暴露を抑制する規制はない」

今回の研究は、就学後の子どものIQと妊娠中のフタル酸エステル類への暴露との関連性を報告した初めてのものだ。調査はニューヨーク(New York)市内に住む低所得層の女性328人とその子どもらを対象に行われた。

研究チームは、妊娠第3期(約27週以降)の女性から尿サンプルを取り、4種のフタル酸エステル類(フタル酸ジブチル、フタル酸ジイソブチル、フタル酸ジオクチル、フタル酸ジエチル)への暴露レベルを測定し、生まれた子どもが7歳になった時点でIQテストを実施した。

結 果、フタル酸ジブチル、フタル酸ジイソブチルへの暴露レベルとIQ低下に関連性がみられ、フタル酸ジオクチル、フタル酸ジエチルへの暴露レベルとIQ低下 には関連性がみられなかった。被験者らのフタル酸エステル類4種への暴露レベルは、米疾病対策センター(US Centers for Disease Control and Prevention、CDC)調査の全米サンプルの範囲内だった。

論文の最終著者でメールマン公衆衛生学部教授(環境衛生科学)のロビン・ワイアット氏は「6~7ポイントのIQ低下は、子どもの学術的達成や職業的将来性に対して有意な影響を及ぼす可能性がある」と述べた。

フタル酸ジブチルとフタル酸ジイソブチルは、乾燥機用の柔軟剤シートやビニール素材を使った生地、口紅、ヘアスプレー、マニキュア液、一部石けんなどに含まれている。米国で、フタル酸エステル類を含んでいるかどうかを記載している製品は、ほとんどない。(c)AFP

参照 http://www.scienceplus2ch.com/archives/4930319.html

静岡県浜松市南区の「姿勢矯正」「猫背矯正」なら、浜松市南区の「カイロプラクティック」「整体」

関連記事

痛み / 痺れ / 凝り

  1. 登録されている記事はございません。

カイロプラクティック

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP