気のせいではなかった!

coffee

「よくもそんな苦いものを飲めるよね」だとか、
「君はいつもコーヒーを飲んでいるね」と言われた事がある人は、
コーヒーを飲むのは喉を潤すためではなく、
それがもたらす効果を期待しているのだ、ということをよく知っているはずだ。

コーヒーを飲むと気持ちが落ち着いたり、
あるいはちょっと気分がハイになったりするようなことがある気がするが、
どうやらそれは単なる気のせいではなかったらしい。

ブラジルの科学者によると、コーヒーに含まれるあるタンパク質には、
なんとモルヒネに似た効果が存在することが確かめられたのだという。
このタンパク質によるモルヒネに似た効果は、
なんとモルヒネよりも長続きすることもわかっている。

その上、摂取した人を落ち着かせる効果も発見されており、
それは動物に対しても同様の効果が得られる。
例えばこのタンパク質を凶暴な動物に摂取させると、
凶暴性をある程度抑えるようなことも可能だそうだ。

つまり、コーヒーを飲むとなんだか落ち着く気がするのも、
コーヒーを飲めばテンションが上がって仕事が捗る気がするのも、
どうやらちゃんと理由があったことである、とのこと。

だが、カフェインにここまで効果があるとなると、
将来的にはモルヒネやマリファナと同じように、
カフェインも麻薬のような分野として扱われて、
コーヒーが自由に飲めなくなる日がやってきたりしてもおかしくなさそうだ。

参照 http://www.scienceplus2ch.com/archives/4956021.html

静岡県浜松市南区の腰痛治療なら、浜松市南区の「カイロプラクティック」「整体」

関連記事

痛み / 痺れ / 凝り

  1. 登録されている記事はございません。

カイロプラクティック

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP