注射針

ナノパスニードルIIは、患者自身が治療のために自分で薬剤注射をする「自己注射」で使うペン型注射器向けに開発した。針先は左右非対称の刃物構造で、皮膚内に滑るように針が入るよう工夫した。

注射時の痛みは皮膚表面1平方センチあたり100~200個存在する痛点に針先が当たることで起きる。注射針の直径を小さくすると痛点に当たる確率を下 げられる。また、注射針は根元(0.24ミリ)から先端部に向かって細くなる構造を採用し、薬剤の注入時に起きる痛みも低減した (下略)

参照 http://www.scienceplus2ch.com/archives/4166694.html

腰痛治療なら、浜松市南区の「カイロプラクティック」「整体」

関連記事

痛み / 痺れ / 凝り

  1. 登録されている記事はございません。

カイロプラクティック

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP