ハゲる原因を特定

毛の成長周期で「休止期」を保つ遺伝子の機能をマウスの実験で明らかにしたと、産業技術総合研究所(茨城県つくば市)のチームが2日発表した。この遺伝子の働きを抑えると、マウスが毛深くなった。人間にも存在しており、脱毛症に悩む人には朗報となりそうだ。

CI0003

チームの今村亨主幹研究員は「これまで成長期を促進する遺伝子は複数見つかっている。これらの遺伝子の利用と組み合わせることで、より効果的な発毛が可能になるかもしれない」と話した。

参照 http://www.scienceplus2ch.com/archives/3827738.html

「肩凝り」「肩こり」の治療なら、浜松市南区の「カイロプラクティック」「整体」

関連記事

痛み / 痺れ / 凝り

  1. 登録されている記事はございません。

カイロプラクティック

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP