「キチン」が原因で肺炎に

ダニやゴキブリ、線虫などの虫に含まれる成分「キチン」が原因で体内から異物を排除する免疫反応が過剰になり、肺炎が起こる仕組みを、兵庫医科大(西宮 市)などの研究チームがマウスの実験で解明した。ヒトも同様と考えられ、肺炎予防や治療への応用が期待できるという。研究成果は14日の米国科学アカデ ミー紀要(電子版)に掲載される。

04813378
白い丸がキチンで、その周りに赤っぽく染まった好酸球が過剰に集まり、
肺炎を引き起こしている

生物の体は異物が入ると、正常な反応として炎症などを起こして排除しようとする。しかし炎症が長時間続くような過剰な場合は体が損傷し、肺炎などの症状が出る(下略)

参照 http://www.scienceplus2ch.com/archives/3856779.html

「肩凝り」「肩こり」の治療なら、浜松市南区の「カイロプラクティック」「整体」

関連記事

痛み / 痺れ / 凝り

  1. 登録されている記事はございません。

カイロプラクティック

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP