大切なペットを守りたいなら。知っておくべき、ペットにあげてはいけない12の食べ物

cat12

かわいいペットには思わずなんでも欲しいものを与えたくなるが、
時には我慢させるのも躾として重要だ。

だがそれ以上に、時に人間にとってはなんでもないものが、
彼らにとっては毒になってしまうことがあるのをご存知だろうか。
愛犬・愛猫がいかに欲しがっても決してあげてはいけない、
12の食べ物についてご覧いただこう。

pet1

コーヒーに含まれるカフェインは、てんかんなどを引き起こす可能性があるという。
食後の一杯は、人間だけの特権にしておこう。

pet2

調理前の生肉や生卵を与えるのもNGである。
人間と同じように、サルモネラ菌に感染してしまう可能性がある。

pet3

ちょっと意外なところで、アボカドもよくない。
げっ歯類や犬、鳥にとってアボカドは病気になってしまう食べ物なのだ。
どうやら、含まれているペルシンという毒素がよくないらしい。

pet4

マカデミアナッツは、虚弱体質や嘔吐などを引き起こす可能性がある。

pet5

チョコレートのカカオはペットにとっては有毒だ。
あなたがブラックなチョコレートを好んでいるほど、それは彼らにとって毒である。

pet6

塩分を与えすぎると、脱水症状などを引き起こす可能性がある。
まぁ、これは人間も一緒であるが、
多くの場合、ペットの体は人間よりも小さいことを考慮しなければならないだろう。

pet7

キシリトールは、ペットにとって肝臓障害を引き起こす可能性がある物質だ。
キャンディやガムなどに多く含まれているケースがあるので、注意のこと。

pet8

pet9

なんとなくダメな気はしていたが、やっぱりアルコールをペットに与えるのはNGだ。
特に犬に与えるのは最大級のNGだという。

pet10

なんとなくダメな気はしていたが、やっぱりアルコールをペットに与えるのはNGだ。
特に犬に与えるのは最大級のNGだという。

pet11

実のところ、牛乳もあまりよくない。お腹を壊してしまうことが多いのである。

pet12

ガーリックや玉ねぎなどは、猫の赤血球に多大なダメージを与えてしまう。
それほどではないにせよ、犬もまた影響を受けるので、ネギ類については気をつけたほうがいい。

参照 http://www.scienceplus2ch.com/archives/4933616.html

浜松市南区の姿勢を矯正するカイロプラクティック、整体

 

 

 

 

関連記事

痛み / 痺れ / 凝り

  1. 登録されている記事はございません。

カイロプラクティック

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP