椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは、背骨の骨と骨の間の椎間板が飛び出して神経を圧迫して起こる病気です。
背骨に圧力が加わると神経のある方向に向かって椎間板が膨らんでいくのが分かります。
椎間板ヘルニアは、背骨の太い神経を圧迫するため痛みは強く、動けないほどの激痛になることも珍しくありません。
ひどい場合には、外科手術により椎間板の膨隆部分の切除や損傷した椎間板全体を除去する手術などが行われます。
最近では、手術の方法も様々な方法が考案され体に負担の少ない方法で手術をすることもできるようになっています。

関連記事

  1. こむらがえり
  2. 側弯症と脊椎側弯症の手術
  3. 姿勢(頭部の位置と首・背骨のゆがみ)
  4. 赤ちゃんの背骨と姿勢
  5. ハイヒールと足の負担
  6. 腰痛予防と姿勢

痛み / 痺れ / 凝り

  1. 登録されている記事はございません。

カイロプラクティック

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP