恐山

恐山

恐山

恐山(おそれざん、おそれやま)は、下北半島の中央部に位置する外輪山、霊場である。また、霊場内に数種類の温泉が湧き、湯治場としても利用されている。下北半島国定公園に指定されている。最高峰は、標高879mの釜臥山。なお、地理でいう恐山山地とは、下北半島のまさかり部分にある山地全体を指すので、いわゆる霊場恐山 とは区別される。等城郭の全容がほぼ廃城時の原形をとどめ、8棟の建築と現存12天守に数えられる内の天守1棟が現存する。
恐山は、カルデラ湖である宇曽利湖(うそりこ)を中心とした外輪山の総称である。古くは宇曽利山「うそりやま」と呼ばれたが、下北訛りにより変化し、恐山「おそれやま/おそれざん」と呼ばれるようになった。
寺名は菩提寺、本坊はむつ市田名部にある曹洞宗円通寺である。本尊は地蔵菩薩。
伝承によれば、開山は貞観4年(862年)、開祖は天台宗を開いた最澄の弟子である円仁(慈覚大師)であるという。(参照 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%90%E5%B1%B1)

恐山

 

恐山

恐山入口です。

恐山

恐山に向かう道の横にある太鼓橋。
三途川と書かれています。
悪人にはこの橋が針の山に見えて渡ことができないと言われています。
帰りに橋の上では振り向いてはいけないらしいです。
今は老朽化のため渡ことはできません。

恐山

 

恐山

風が強く湖面も波立っていました。

恐山

 

恐山

台風が来ていたので空模様もこんな感じです。

恐山

恐山駐車場から見た太鼓橋です。

恐山

恐山駐車場。

恐山

 

恐山

恐山の正面玄関です。

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

恐山は有料です。

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

恐山の地図です。
しっかり見て行きましょう。

恐山

 

恐山

 

恐山

入って右側に大きな建物があります。
御朱印はコチラの建物の中で書いてくれます。

恐山

 

恐山

入って左側の建物は休憩所になっていました。
「いたこ」って書いてありましたが、今は祭りの時にしかいないそうです。

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

歩いて行く途中の右側に男性用の温泉があります。

恐山

 

恐山

温泉の写真です。

恐山

硫黄が濃いせいか湯舟に入ると黄色い硫黄がプカプカ浮いてきます。

恐山

 

恐山

左側は女性用の温泉です。

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

天気は晴れたり嵐になったりでした。

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

雨と風にやられました。

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

暫くすると太陽と青空が出てきました。

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

 

恐山

関連記事

  1. ランプの宿
  2. 高照神社
  3. 岩木山神社
  4. 弘前城
  5. 十和田湖
  6. 八甲田山・八甲田ロープウェイ

痛み / 痺れ / 凝り

  1. 登録されている記事はございません。

カイロプラクティック

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP