弘前城

弘前城

弘前城

弘前城(ひろさきじょう)は、青森県弘前市にある日本の城である。別名・鷹岡城、高岡城。江戸時代に建造された天守や櫓などが現存し国の重要文化財に指定されている。また城跡は国の史跡に指定されている。江戸時代には津軽氏が居城し弘前藩の藩庁が置かれた。
世における神社建築の展開の一端を示すものとして高く評価されている。
江戸時代には弘前藩津軽氏4万7千石の居城として、津軽地方の政治経済の中心地となった。城は津軽平野に位置し、城郭は本丸、二の丸、三の丸、四の丸、北の郭、西の郭の6郭から構成された梯郭式平山城である。創建当初の規模は東西612メートル、南北947メートル、総面積385,200平方メートルに及んだ。現在は、堀、石垣、土塁等城郭の全容がほぼ廃城時の原形をとどめ、8棟の建築と現存12天守に数えられる内の天守1棟が現存する。(参照 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%98%E5%89%8D%E5%9F%8E)

弘前城

春になると堀一面をピンクの花びらで埋め尽くす景色で有名な弘前城の堀です。

弘前城

 

弘前城

隅櫓だと思います。

弘前城

 

弘前城

 

弘前城

二の丸東門与力番所。

弘前城

 

弘前城

 

弘前城

 

弘前城

 

弘前城

 

弘前城

 

弘前城

石垣をなおしています。
この上に天守があったようですが、修理の間だけ城ごと移動しています。

弘前城

 

弘前城

 

弘前城

石垣の上から移動されて広場の真ん中に置かれた弘前城。

弘前城

 

弘前城

 

弘前城

弘前城を見る為の展望台のようなものが作られていました。

弘前城

 

弘前城

城の向こう側に見える(雲に隠れている)山が岩木山です。

弘前城

天守の裏側にあたります。

弘前城

天守を作る時にお金が無く、裏側は安く作ったそうで正面とは印象がだいぶ違います。

弘前城

 

弘前城

ブラタモリで紹介されました。

弘前城

天守の移動するのに使われた道具です。

弘前城

 

弘前城

鉄骨でしっかり補強されています。

弘前城

 

弘前城

 

弘前城

 

弘前城

 

弘前城

 

弘前城

岩木山です。

弘前城

 

弘前城

 

弘前城

関連記事

  1. 奥入瀬渓流
  2. 岩木山神社
  3. ランプの宿
  4. 恐山
  5. 十和田湖
  6. 高照神社

痛み / 痺れ / 凝り

  1. 登録されている記事はございません。

カイロプラクティック

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP